コロナ渦の影響で業界は苦しい時期に突入!?展示会場のパーテーションの基本情報を解説

このサイトでは、コロナ渦の影響で苦しい状況に置かれている展示会場のパーテーションに関する基本情報や、施工費用の相場について解説しています。
最近では様々な種類が選べるようになっていますし、手がける会社も増えていますので、後悔しないうようにしっかりと基礎知識を身につけて利用したいところです。
ほかにも利用することで施工コストを大きくカットできることを説明しています。
目的に合わせて上手に選ぶことが大切です。

コロナ渦の影響で業界は苦しい時期に突入!?展示会場のパーテーションの基本情報を解説

コロナ渦の影響を受けて業界は厳しい状況に置かれていますが、展示会場では様々工夫を施すことで目的に合ったスペースを作ることができます。
最近ではパーテーションを利用することが非常に増えており、使い方も様々です。
例えばカラフルなパーテーションを使って彩りを整えたり、遮音性の高い素材を選んで商談スペースを確保するといったことが行われています。
素材を選んだり、形や大きさを目的に合わせることで、理想的なスペースを作れます。

パーテーションの価格相場はアルミ製で1枚あたり1万5,000円~6万円

オフィスではパーテーションは様々な機会に利用することが多いため、ある程度数多く購入しておくと非常に便利なものとなります。
しかし多くの企業では様々な設備を予算を立てて購入することが多いため、その価格を確実に把握しておくことが非常に重要なポイントとなっています。
ただし金額ばかりを気にして耐久性を重視しないと、すぐに故障したり利用できなくなってしまい、その処分に困ってしまうことも多くなります。
一般的に企業ではパーテーションのような備品は少額設備に分類されることが多く、設備対象となり資産の形で課税されるため、一定の耐久性が必要になるものです。
パーテーションの中でも耐久性の高いものはアルミ製であり、これは1枚あたり1万5,000円~6万円が相場価格となっています。
そのためこの金額を意識しておくと、予算を控除する際に非常に便利となるほか、アルミ製であれば汚れ等が付着しにくく、また耐久性も高いため減価償却期間の間は安心して利用することができるので便利です。

パーテーションの利用頻度が少ない場合はレンタルがおすすめ

イベント等でパーテーションを使いたい時におすすめなのがパーテーションのレンタルサービスです。
このサービスを活用すればいつでも手軽に様々な場所に仕切りを設置出来るのでとても便利です。
オフィス等に設置して継続的に使う場合は購入した方が経済的かもしれませんが、1回限りのイベント等で使用する場合や利用頻度が少ない場合はレンタルサービスを利用したほうが経費節約になります。
また、使用しない場合の保管場所なども考慮すれば借りるほうがメリットが大きいと言えます。
パーテーションの貸し出しについては様々な業者が取り扱っており、中には専門業者も登場しているのでどなたでも簡単に利用することが出来ます。
専門業者なら品揃えも豊富なので設置場所や使用目的に合わせた選択が可能です。
商品選びでは大きさや色の選択はもちろん、稼働の有無や料金プランなどをじっくり吟味して選べば、何もない場所でも快適な空間を作ることが出来るでしょう。

アルミ製のパーテーションは軽量で移設コストを抑えられて展示会に最適

安定感のあるパーテーションは総じて重量があり、移動するだけでも大変ですが、アルミ製を選択すれば悩みが解決するのではないでしょうか。
アルミ製のパーテーションは素材の性質上、大きさから受ける印象よりも軽量で扱いやすい特徴があります。
軽量ということは設営が簡単な証拠ですし、展示会に向けて体力を温存できることを意味します。
展示会は必然的に多くのパーテーションを使うことになるので、設営だけでも時間が掛かってしまいます。
人手を増やせば早く終わらせられますが、限られた人員で設営しなければいけないとなると大変です。
また、重量のあるパーテーションは移設コストが高くつきますが、軽量のアルミ製は移設コストを抑制するのにも役立ちます。
搬入や搬出が容易になる上に、保管や管理も楽になりますから、導入や置き換えを検討してみる価値は十分にあると思われます。
軽量とはいえ、強風に煽られる心配のない屋内では問題ありませんし、正しい設営と通常の使い方で倒れることはまずないので、安心して検討を始められるのではないでしょうか。

展示会の商談コーナーで利用する場合のパーテーションは遮音性の高さも重要

展示会場に商談コーナーを設ける場合、どのようなことに気をつければ良いか気になるのではないでしょうか。
パーテーションで商談コーナーを作るのであれば、周りの目が気にならないだけでなく、声が外に漏れにくく外の音も聞こえにくいスペースに仕上げることが大切です。
つまりパーテーションに求められるのは遮音性で、更に目隠しとなる高さも重要な条件となります。
上下の高さは面で音を遮る効果を発揮しますから、展示会の商談コーナーに大きいパーテーションを選ぶのは正解です。
また、高さが低いと商談の様子が外から見えてしまったり、覗き込まれる恐れがあるので、高さのあるタイプはこのような状況の発生を防ぐのにも役立ちます。
最も肝心で優先度の高い遮音性は、大きさに加えて厚みを持たせることで効果が高まります。
薄いタイプを2枚重ねる手もありますが、一般的な厚みのものを重ねるのも有効ですし、パーテーションを活用する現実的な方法だといえるのではないでしょうか。

パーテーションに関する情報サイト
学ぼう!パーテーション

このサイトでは、コロナ渦の影響で苦しい状況に置かれている展示会場のパーテーションに関する基本情報や、施工費用の相場について解説しています。最近では様々な種類が選べるようになっていますし、手がける会社も増えていますので、後悔しないうようにしっかりと基礎知識を身につけて利用したいところです。ほかにも利用することで施工コストを大きくカットできることを説明しています。目的に合わせて上手に選ぶことが大切です。

Search